【プレスリリース】日本中退予防研究所を運営するNPO法人NEWVERY、西日本支部を設立-西日本での活動基盤を整え、大学・高校・企業・自治体との連携を推進-

2016年2月1日

NPO法人NEWVERY、西日本支部を設立

-西日本での活動基盤を整え、大学・高校・企業・自治体との連携を推進-


教育と文化の2軸で“若者たちが未来に希望を持てる社会づくり”に取り組むNPO法人NEWVERY(東京都品川区)は、西日本での活動強化を目的として、西日本支部を2016年2月1日に設立します。

当団体は設立から14年間、首都圏に拠点を置いて活動してまいりましたが、活動範囲が広がるなかで首都圏以外の大学・高校・企業・自治体と連携する機会が増えてきました。今後西日本での活動基盤を整え、既存パートナーとの連携を深めると共に、より広いパートナーシップを推進するため、西日本支部を設立することになりました。

社会が目まぐるしく変化する中、学校教育に対する期待はますます高まりを見せています。その一方で各校が独自の教育方針、教育内容、教育方法を打ち出すことが求められており、NEWVERYからの支援を必要とする大学、高校は全国に及んでおります。また、文化庁の京都市移転の方針が公表されるなど、文化振興の観点でも西日本は今後より重要な起点になると考えます。

NEWVERYでは、2009年に大学・短大・専門学校からの中途退学の予防を通じ若者たちの未来を守る「日本中退予防研究所」を設立して以来、主に高等教育機関に対して教育改革、中退予防、修学・就職支援、高大接続、財務・資金調達、中期経営計画の立案・推進支援、広報、採用支援など幅広いテーマでご支援するに至ります。現在ご支援中の高等教育機関は北海道から九州まで50校超になりました。また、文化振興では2012年より「京都版トキワ荘事業」を京都市との連携のもと、展開しています。今回、西日本支部を立ち上げることで、西日本での活動基盤を整え、さらにより多くのパートナーとの連携を推進していきたい考えです。なお、西日本支部ディレクターには、高大接続事業部ディレクターを務めていた川原祥子(当団体理事)が就任いたします。

今後も “若者たちが未来に希望を持てる社会づくり”を目指して若者たちの未来を守る活動を推進して参ります。何卒よろしくお願い申し上げます。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
NPO 法人NEWVERY
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-13-6五反田山崎ビル5階
西日本支部  担当 :川原
TEL/FAX :050-1071-8324  E-mail :info★newvery.jp(★を@に変えてください)   WebSite :http://www.newvery.jp/

大学教育学会シンポジウムで所長・山本が講演しました

11月23日、本研究所所長の山本繁が大学教育学会開催校シンポジウム「中退問題から考える大学の質保証~修学を支援する教学マネジメント体制の構築に向けて~」に登壇しました。

本シンポジウムに関する情報はこちら

人材募集

インターン採用

日本中退予防研究所では、即戦力として学生インターンを積極的に採用しています。
自らの手で新しい社会インフラを生み出し、社会に変革を起こそうという志ある学生の応募をお待ちしております。

応募方法はこちら

[日本中退予防研究所のインターンで得られる経験]
・情熱や志を持って働く経験
・ソーシャルビジネスの最前線での試行錯誤
・教育イノベーションの現場経験
・教育・行政・NPO業界等での幅広い人脈
・夢や志を持った先輩・仲間との出会い、切磋琢磨
・経営者直下で学べるNPOの経営、社会的事業運営のノウハウ

[日本中退予防研究所のインターンの特徴]
 日本中退予防研究所は、高等教育改革を通じて若者の社会的弱者転落の予防を目指しているため、直接的な顧客となるのは学生ではなく、高等教育機関の経営者や教職員です。
 そのため主な業務は、授業などが行われる教育現場の改善サポートではなく、より良い教育が行われるための環境や仕組み作りを行う学校経営のサポートになります。学生との直接的な関わりを通じた教育問題解決を目指す人には不向きと言えますが、ビジネス志向で教育問題解決に携わりたい人には最適な環境と言えるでしょう。
 また、当事業は成長期に突入し、今後多くのプロジェクトが立ち上がり、インターン生にそのプロジェクトマネージャーを任せていく予定です。大きな裁量権を持って仕事をする経験を積みたい人にも最適な環境が用意されています。

[対象となる人]
日本中退予防研究所の仕事は、まだ誰も取り組んでいない、だからこそ取り組まねばならない大変な仕事です。そのため、高い志と即戦力となりうるスキルを持った人材を求めます。
<条件>
・NEWVERYのビジョンに共感し、標準以上の論理的思考能力とコミュニケーション能力を身に付けている人
・当インターンを学生生活の優先順位上位2番以内のものとして活動出来る人
・サークルやゼミ、課外活動などでプロジェクトマネジメント経験がある人
・Word、Excel、Power Pointの基本的な入力が出来る人
・業務運営上必要となるインプットが苦痛にならない人

[仕事内容]
下記のいずれか、もしくはいくつかの責任者(=部長)となり、様々なプロジェクトを運営してもらいます。配属は事業の状況や本人の希望や特性に合わせて決まります。
<商品開発部>
中退率低減につながる商品(書籍やセミナーなど)の企画、開発を行います。
<営業・マーケティング部>
中退率低減のための商品を高等教育機関に販売していきます。販売戦略の策定から実行までを担い、また、顧客の母数が少ないため、顧客との関係性を向上させていく施策も打ちます。
<広報部>
当研究所の活動を対外的に広めていきます。Webページのデザインやコンテンツの企画立案や更新、プレスリリースの発信などを行います。
<ソーシャルプロモーション部>
一般向け(主に高校教員、受験生、保護者、大学生など)に中退のリスクや大学選びの基準、大学生活の過ごし方などについての啓蒙を行います。過去には、書籍の制作やシンポジウム、Web上でのコラム掲載を行いました。

[教育・研修制度]
教育・研修に特化した期間はありません。事業や業界の基礎知識などはこちらで用意した資料や本を読んで頂き、実際の仕事内容はOJTで教えていきます。

[事前課題]

以下の課題を応募メールと一緒に送ってください。
・作文「なぜ私はNEWVERYでインターンをしたいのか?」(800字前後)

[募集人数]
若干名

[期間]
6ヶ月以上
※条件次第で3ヶ月からも考慮

[勤務条件]
【勤務頻度】
◎休暇中:週3~5日フルタイム
◎学期中:月〜金の10:00〜22:00で3〜8時間を選択。
※週15時間以上。

[勤務地]
豊島区雑司ヶ谷(有楽町線護国寺駅 徒歩6分)

[活動支援金]
交通費のみ支給
※毎週25時間以上勤務の場合は別途活動支援金あり(上限5万円/月)
※1年間休学して勤務の場合は休学時の学費補助あり(上限50万円)
<休学時学費補助制度利用実績>
2010年度 国際基督教大学3年次1年間休学1名
       中央大学3年次1年間休学1名
2011年度 京都大学4年次1年間休学1名

[応募方法]
名前、学校、学部、学年、携帯電話、メールアドレスを明記した上で、課題の作文を添付し、NEWVERY事務局までお送りください。追ってこちら よりご連絡差し上げます。

[応募先]
info@newvery.jp
(件名を「インターン募集」にしてください。)