プライバシーポリシー

個人情報の取り扱いについて

平成25年7月1日
NPO法人NEWVERY
理事長 山本 繁

当団体では、皆様のプライバシー・個人情報(以下「個人情報」と総称します)を保護、管理することが事業活動を行う上で重要であると位置付けております。当団体では、以下通り基本方針を定め、個人情報保護の確実な履行に努めます。

1. 適切な個人情報の収集、利用及び提供などに関する基本原則
(ア) 個人情報を直接収集する場合の原則
当団体が個人情報を直接的に収集する場合は、法令で認められた場合を除き、事前に収集の目的を明確に開示して収集します。
(イ) 個人情報を利用、提供する場合の原則
当団体が個人情報を利用する場合は、法令で認められ場合を除き、目的の範囲内でのみ利用、提供いたします。
2. 個人情報の適切な管理方法
当団体は、ご提供いただいた個人情報について、適切な安全対策を実施し、個人情報への不正な侵入、個人情報の紛失、改ざん、漏洩などの危険防止に努めます。

3. 法令、内部規程等の遵守
個人情報を取り扱う業務の遂行にあたっては、個人情報に関する法令や業界ガイドラインなどを遵守すると共に、内部規程に定める事項に従い個人情報の取り扱いについて十分な注意を払ってまいります。

4.個人情報の利用目的
当団体は、個人情報を取扱うに当たり、以下のとおり利用目的を定めます。
・登録の受付、本人確認、契約の締結・履行、請求書の送付等
・当団体が提供するサービスのご案内、ご質問への対応、ご意見・ご要望の聴取
・当団体が提供するサービス、契約、規約等に関する連絡
・イベント・セミナーの実施、ダイレクトメール、メルマガ配信、アンケート、キャンペーン、当団体からの情報提供
・その他当団体の活動に関連するサービスの提供

5.第三者への提供
当団体は、次の場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。
・法令に基づく場合
・人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
・公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
・国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が、法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
6. 個人の権利の尊重
当団体は、個人情報に関する個人の権利を尊重し、皆様がご自身の個人情報について確認されたい場合は、ご自身であることが確認できた場合に限り、合理的な期間、妥当な範囲内でこれに応じてまいります。また、皆様の個人情報に誤り、変更があった場合には、ご本人の要請に基づき、ご自身であることが当団体にて確認できた場合に限り、合理的な期間で速やかに修正、または削除させていただきます。

●本プライバシーポリシーの変更
当団体は本プライバシーポリシーを定期的に見直し、予告することなく変更することがあります。

【個人情報保護に関するお問い合わせ先】
NPO法人NEWVERY
E-mail:info※newvery.jp(※を@に変更して送信してください)
TEL:050-1071-8324

日本中退予防研究所について

Our Vision ~目指すべき社会のあり方~


若者たちが未来に希望を持てる社会



Our Mission ~私たちの使命~


若者たちの未来を守る



Our Approach ~私たちのアプローチ~


■大学・専門学校中退は放置することのできない社会課題
年間11万人以上、1日に300人以上が大学・短大・専門学校を中退しています。この規模は高校中退の約1.7倍にあたります。また、大学・短大・専門学校中退のリスクは中卒・高校中退のリスクとほぼ同等であり、放置することのできない社会課題です。

■事後の対策ではなく事前の予防に注力
若者たちの社会的弱者への転落を予防するために、大学・短大・専門学校からの「中途退学」にフォーカスし活動しています。コンサルティング・研修などのソリューションの開発や提供、そのベースとなる基礎的調査研究を行っています。

活動を通じて、中退直前の水際療法は効果的ではないと判断し、中退を引き起こす問題の早期発見・早期支援や、本質的な教育改革の設計・実行支援など、近年は大学・短大・専門学校の教育力・問題解決力の強化支援に取り組んでいます。また、蓄積したノウハウを書籍・セミナー等を通じて広く社会に公開することで速やかな社会課題解決を目指しています。(詳しくはこちら

■具体的な成果目標
日本の大学・短大・専門学校の中退者数を2020年までに半減する(対2009年比)


Our Belief ~私たちの信念~


可能性は誰もが持っている。機会と環境が人を変える



Our Identity ~私たちは何者か~


我々はすべての若者たちの代理人である

団体概要

団体名称: 日本中退予防研究所

運営団体: NPO法人NEWVERY

設立: 2009年3月11日

所長: 山本繁(NPO法人NEWVERY理事長)

アドバイザリーボードメンバー:
  ※50音順
  荻原国啓 (ピースマインド・イープ株式会社 代表取締役社長)
  工藤啓 (NPO法人「育て上げ」ネット 理事長)
  平石郁生 (株式会社ドリームビジョン 代表取締役社長)
  松本美奈 (読売新聞 生活情報部記者)
  宮城治男 (NPO法人ETIC. 代表理事)
  守矢俊一 (聖進学院 学院長)

所在地: 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-13-6 五反田山崎ビル5階 [地図]
     (平成27年5月16日より)

連絡先:
  代表電話 050-1071-8324
  Eメールアドレス labo@newvery.jp

所長プロフィール

▼所長 山本 繁(Shigeru Yamamoto)
NPO法人NEWVERY理事長、ファウンダー

1978年、父CMカメラマン、母ニットデザイナーのクリエイティブ一家に生まれる。1997年慶應義塾大学入学。同大卒業式の翌日にアート教育NPO「コトバノアトリエ(2009年より名称変更しNEWVERY)」設立。2006年からフリーター・ニート支援に活動を広げ、2008年のリーマンショック(金融危機)を契機に子供・若者たちが将来社会的弱者に転落することを阻止する活動が必要だと痛感し、2009年若者たちの未来を守る「日本中退予防研究所(運営:NEWVERY)」設立。以来、教育と文化の2軸で“若者たちが未来に希望を持てる社会づくり”に取り組んでいる。

これまで文部科学省高等教育局専門調査員(2012-2013)、中央教育審議会高大接続特別部会臨時委員(2012-2015)、広島県の教育を考える懇談会(広島県教育委員会)委員(2014-2015)、京都造形芸術大学アドバイザー(2011-2014)、京都光華女子大学EMIR部アドバイザー(2012-2013)、東京スポーツ・レクリエーション専門学校アドバイザー(2009-2011)など歴任。

現在は大学教育再生加速プログラム委員、追手門学院大学大学教育再生加速プログラム外部評価委員、学校法人滋慶学園EASTグループ顧問ほか、全国で大学教育・経営の計画立案・実行を支援する傍ら、文化芸術分野で次世代を担う若者たちを支援中。

<簡易版>
山本 繁(Shigeru Yamamoto)
NPO法人NEWVERY理事長
1978年東京生まれ。慶応大学卒業の翌日にNPO法人NEWVERYの前身となる団体を設立。
2006年 NEC社会起業塾メンバーに選出
2007年 ソーシャルビジネスプランコンテスト「STYLE 4th」優秀賞受賞
2009年 週刊ダイヤモンド「日本の社会起業家30選」に選出
2011年 週刊AERA「日本を立て直す100人」に選出
2012年 文部科学省高等教育局 専門調査員に着任
2012年 中央教育審議会「高大接続特別部会」 臨時委員に最年少で選出
2014年 大学教育再生加速プログラム 委員に選出
2014年 広島県の教育を考える懇談会(広島県教育委員会) 委員に選出

パートナー

日本中退予防研究所は、数多くの企業・団体にパートナーとしてご参画いただき、活動をともにさせていただいております。


NPO法人ETIC.

「STYLE」「NEC社会起業塾」「次世代社会イノベータープログラム」等さまざまなプログラムに参加。


NEC(日本電気株式会社)

創業期に「NEC社会起業塾」に参加。(05年度特別メンバー、06年度塾生)


ピースマインド総合研究所

『中退白書2010』の監修等。

他多数。

人材募集

新卒採用、中途採用、長期インターンシップ採用については、こちらでご確認ください。

アクセスマップ

[住所] 141-0031 東京都品川区西五反田7-13-6 五反田山崎ビル5階 (NPO法人NEWVERY内)
(平成27年5月16日より)

[交通案内]
JR山手線 五反田駅 徒歩7分
東京急行電鉄池上線 大崎広小路駅 徒歩6分
東京急行電鉄目黒線 不動前駅 徒歩10分

[地図]

大きな地図で見る