日本初!大学・短大・専門学校中退の実態調査

『中退白書2010 高等教育機関からの中退』発刊


NPO法人NEWVERYは2009年3月に「日本中退予防研究所」を設立しました。若者がニートやフリーターになることを予防するため、「大学・短大・専門学校からの中途退学(中退)」を減らすことを目標に、日々活動しています。

―「大学・短大・専門学校からの中退」はどうしたら予防できるのか。そもそも彼らは、どうして中退するのか―

高等教育機関からの中退を予防するにあたって、まず我々自身が中退の実態を調べ、現状と原因を知る必要がありました。そうして始まった高等教育機関中退経験者へのインタビュー調査は2009年10月に調査実施対象者数100名というひとつの目標を達成し、合計101名の中退経験を知ることができました。そしてピースマインド総合研究所様のご協力の下、調査結果の分析・解釈を行い、より高い客観性をもって中退の実態研究に努めてきました。

この白書には、ピースマインド総合研究所と日本中退予防研究所による調査・研究の成果が凝縮されています。手に取ってくださった皆様と、より多くの学生・受験生・保護者・高校教員・大学教職員の皆様と、ともに中退の実態を「知り」「考え」「議論する」ための白書です。この白書を通じて、一つでも気付きを持っていただけましたら幸いです。

一刻も早い、高等教育機関中退問題の解決を願って。

※「はじめに」より


【制作】 日本中退予防研究所
【監修】 ピースマインド総合研究所
【発行元】 NPO法人NEWVERY

【発行日】 2010年6月30日
【頁数】 100ページ
【販売価格】 3150 円(税込・送料込)
【ISBNコード】 978-4-9905451-0-9

【購入方法】
完売致しました。
お手に取ってくださったみなさま、誠にありがとうございます。

【目次】
はじめに
コラム:「退学率を読み解いて」松本美奈(読売新聞)
1章 中退の現状
1.中退の現状
2.中退のリスク
実態調査 高等教育機関中退者 100人インタビュー調査結果
中退者インタビューファイル
2章 中退と社会
1.「中退」する背景
2.中退が問題化する社会
≪支援体制≫
コラム:「やり直せない社会と中退」山田昌弘(中央大学 教授)
3章.NEWVERYが見る中退
1.中退の問題点
2.「中退と社会」にある中退の原因要素
3.「中退」は、リスクを高める
4.中退は社会問題
5.なぜ「中退予防」なのか
終わりに

【訂正】
『中退白書2010』の本文に不備がございました。
下記のように、訂正致します。
訂正文(正誤表)