中退したいと思われない大学・専門学校づくりのノウハウがこの1冊に!

 『中退予防戦略』3月31日発刊

年間中退率6.9%⇒1.4%ほか、成功事例多数掲載

めまぐるしく社会が変化する中で、常に学生が満足し、高校・受験生から支持される大学はどのようにして生まれるのか。本書は、「中退率=学生満足度のバロメーター」という前提に立ち、大幅な中退率低減を実現した先進事例を徹底的に調査・分析し、中退者増に対する根本的な解決策をまとめた「新たな大学改革・大学経営」の教科書である。

★ダイジェスト版はこちら(PDF形式)
★パンフレットはこちら(PDF形式)

■本書の特徴
<理論と実例による二重構造が理解を促進>
1.改革の流れをPDCAサイクルに沿って、徹底解説。
2.事例を豊富な図とともに紹介。改革のポイントの理解と、活用を促進。
3.その他、改革者とのインタビューを掲載。改革の裏側と、その想いに迫る。

■主な制作協力校
・長岡大学 6.9%→1.4%(改革始動年度と09年度の「年間退学率」推移)
・静岡産業大学 6.0%→3.9%(改革始動年度と09年度の「年間退学率」推移)
・嘉悦大学 31.3%→25.8%(改革1年での「入学から4年間の退学率」推移)



【制作】    日本中退予防研究所
【発行元】   NPO法人NEWVERY
【発行日】   2011年3月31日
【項数】    B5判・281ページ
【価格】    21,600円(税・送料込)
【購入方法】
下記ファイルをダウンロードし「ご注文書」に必要事項をご記入の上、
FAX:050-1071-8324までご送付ください。
<ご注文用紙>
PDFファイルはこちら
Excelファイルはこちら

————————————

【目次】
●はじめに
・大学の教育情報公開の時代へ
 -3年以内に「中退率」の公開が義務化する可能性
 -中退率は、顧客満足のバロメーター
 -海外では情報開示が当たり前
 -テクノロジーが情報の流通を加速する
 -大学は「あと10年は大丈夫」は本当か?
・学生はなぜ大学を辞めるのか?
 -大学中退、7つの理由
 -「経済的困窮」は少数派
 -大学を「真の教育機関」に

●第一部 大学改革の手順
・イントロダクション
・前提条件=組織風土
 -危機感を醸成
 -ガバナンス構築
-改革チームの組成
・Step1.PLAN
 -大学改革の計画立案
 -大学の目標設定
 -事業戦略立案
 -大学改革実行のタイムライン策定
 -中期計画
 -中退予防
・Step2.DO
 -いちばん始めに着手すべき取り組み
 -根本的な中退予防を通した大学改革のためのインフラ整備
 -教育改革
 -支援の整備
・Step3.CHECK
 -大学運営に直結する項目の検証
 -ステークホルダーとのコミュニケーション
・Step4.ACTION
 -経営基盤の強化
 -メンタルヘルスケア改革
 -「新しい学生」へのアプローチ

●第二部 中退予防戦略の実例検証
・大学改革のケーススタディ
 -静岡産業大学 「学生が大化けする」
 -長岡大学 「学生満足度向上で退学率大幅削減」
 -嘉悦大学 「9人の侍 外から来た改革チームの1からの大学改革」
 -愛知東邦大学 「教職協働による大学改革」
・メンタルヘルスケア
 -和歌山大学 「ひきこもり回復支援プログラム」
・全入時代の先駆者
 -滋慶学園イーストグループ 「戦略的教育支援改革」
 -通信制サポート校聖進学院 「卒業率98.9%の“分かる”授業」

●終わりに
※内容は予告無く変更になる場合もございます。あらかじめご了承下さい。
発刊記念シンポジウムの詳細はこちら