【メディア情報】「WEEKDAY CAMPUS VISIT」が取材され、女の子のための理工系進学情報雑誌HappyTechnologyに掲載されました。

女の子のための理工系進学情報雑誌HappyTechnology(2015.8 株式会社アネスタ)にて、2014年06月19日に都立豊島高校の2年生が学校行事として行った「WEEKDAY CAMPUS VISIT」の様子が取材されました。

「大学広報力アップセミナー」と「WEEKDAY CAMPUS VISIT説明会」のご案内

【同日開催決定!】
大学広報力アップセミナー「コストと労力を抑えて効果を2倍にする方法 ~大学と高校の新しい関係づくり~」
大学・短大・専門学校関係者向け「WEEKDAY CAMPUS VISIT説明会」

こんな悩みがある方には、特にお勧めです。

様々な広報施策を打っているが、効果が見えない
最近の高校の先生や高校生が何を考えているのか、よく分からない
高校訪問も行っているが、高校との信頼関係作りは難航している
自学の特徴を高校生に効果的に伝える、新しい方法を模索したい

 

■大学・短大・専門学校 広報力アップセミナー

「コストと労力を抑えて効果を2倍にする方法 ~大学と高校の新しい関係づくり~」
大学全入時代を迎え、少子化の影響も受けて大学の学生募集の環境はどんどん厳しくなっています。オープンキャンパスの開催回数が5年前に比べて倍に増えた、パンフレットの大幅な刷新をしている、そんな大学様もあるのではないでしょうか。
しかし、労力やお金ばかりがかかって、効果が見えにくい、そんなお声も聞こえてきます。いま高校や高校生は何を求めているのか、何をどうやって伝えれば良いのか、既存の大学案内やオープンキャンパスを具体的に見直していきながら、課題を明らかにします。大学と高校の新しい関係作りという観点から、改善のヒントをお伝えできればと思います。

<過去のセミナー参加者の声>
・人を集めること自体が仕事になると、モチベーションを保つこと自体が難しくなると感じていました。高校生の進路選択を助けるところから再スタートしたいと思います。
・大学職員という立場であるため、なかなか高校教員の考え、本当の気持ちに触れる機会がありません。今回はそれらの点について参考になる話が聞けてよかったです。
・大学案内やオープンキャンパスなど本学の課題が明確になりました。本日の内容を持ち帰り、学内で共有し、今後の広報につなげたいと思います。
・研修に参加して、現在の取り組みを改革し、見直していく必要性を切実に感じています。しかし、経営側や他の職員を説得するという一つの大きなハードルがあります。色々と方策を練って実現に向かいたいと思います。

開催概要

<東京会場>
日程:9月26日(金)14:00~15:45 (13:30受付開始)
定員:15名
参加費:2,000円
会場:NPO法人NEWVERY事務所
アクセス: アクセスマップ
-JR山手線大塚駅 徒歩5分
-東京メトロ丸ノ内線新大塚駅 徒歩6分
-東京メトロ有楽町線東池袋駅 徒歩10分
-都電荒川線向原駅 徒歩1分

<福岡会場>
日程:10月9日(木)14:00~15:45 (13:30受付開始)
定員:15名
参加費:2,000円
会場:アクロス福岡 会議室602
アクセス: アクセスマップ
-西鉄福岡天神駅から徒歩10分
-地下鉄空港線天神駅から徒歩3分
-地下鉄七隈線天神南駅5番出口から徒歩3分
-バス停から徒歩 市役所北口から0分/天神4丁目から3分/中央郵便局前から5分

<大阪会場>
日程:10月10日(金)14:00~15:45 (13:30受付開始)
定員:30名
参加費:2,000円
会場:貸会議室ユーズ・ツウ 会議室B
アクセス: アクセスマップ
-地下鉄四つ橋線 西梅田駅 4-B出口上がってすぐ
-JR大阪駅 桜橋出口より南へ徒歩5分
-JR東西線 北新地駅 10番出口より北へ30m
-地下鉄御堂筋線 梅田駅より徒歩5分
-阪神電車 梅田駅より徒歩3分ヒルトンウェスト方面へ

お申込みフォームはこちら

 

■大学・短大・専門学校関係者向け WEEKDAY CAMPUS VISIT説明会

・実際にWEEKDAY CAMPUS VISITを行った大学や高校生の反応を知りたい。
・興味があるが、具体的にはどうやって運営するのだろうか?コストはどれくらいかかるのか?
・WCVを企画したところで、高校生は集まるのだろうか?

そんな疑問にお答えするための説明会です。実例をご紹介しながら、開催の意義や、運営の流れなどについて、WCVディレクターの倉部がご説明します。
昨年も4都市で開催し、150校以上の教職員の方にご参加いただきました。参加費は無料ですので、ぜひお気軽にご参加下さい。

開催概要

<東京会場>
日程:9月26日(金)16:00~17:30 (15:45受付開始)
定員:15名
参加費:無料
会場:NPO法人NEWVERY事務所
アクセス: アクセスマップ
-JR山手線大塚駅 徒歩5分
-東京メトロ丸ノ内線新大塚駅 徒歩6分
-東京メトロ有楽町線東池袋駅 徒歩10分
-都電荒川線向原駅 徒歩1分

<福岡会場>
日程:10月9日(木)16:00~17:30 (15:45受付開始)
定員:15名
参加費:無料
会場:アクロス福岡 会議室602
アクセス: アクセスマップ
-西鉄福岡天神駅から徒歩10分
-地下鉄空港線天神駅から徒歩3分
-地下鉄七隈線天神南駅5番出口から徒歩3分
-バス停から徒歩 市役所北口から0分/天神4丁目から3分/中央郵便局前から5分

<大阪会場>
日程:10月10日(金)16:00~17:30 (15:45受付開始)
定員:30名
参加費:無料
会場:貸会議室ユーズ・ツウ 会議室B
アクセス: アクセスマップ
-地下鉄四つ橋線 西梅田駅 4-B出口上がってすぐ
-JR大阪駅 桜橋出口より南へ徒歩5分
-JR東西線 北新地駅 10番出口より北へ30m
-地下鉄御堂筋線 梅田駅より徒歩5分
-阪神電車 梅田駅より徒歩3分ヒルトンウェスト方面へ

お申込みフォームはこちら

 

■講師紹介
倉部史記 (くらべ しき)
進路づくりプロデューサー。NPO法人NEWVERYフェロー(高大接続担当)。
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。企業広報の企画・プロデュースを手がけた後、私立大学スタッフ、大手予備校の主任研究員や企業の人財採用責任者などを経験。現在は進路づくりプロデューサーとして大学や社会の情報を分析し、様々なメディアで発信している。昨年は60校以上の高校で講演したほか、各都道府県での進路指導協議会や大学等でも講演を行っている。
<主な著書>
『看板学部と看板倒れ学部 大学教育は玉石混交』(中公新書ラクレ)、『文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」』(主婦の友新書)ほか

※お申込みは開催の前日まで受け付けております。

【メディア情報】朝日新聞にて弊団体フェロー倉部史記がフォーラムに登壇した内容が掲載されました。

朝日新聞〔2014年8月10日(日)刊〕に「高校生のための専門学校進学フォーラム2014」で弊団体フェロー倉部史記が登壇した様子が掲載されました。

【メディア情報】教育学術新聞にて大学教職員センターオープンセミナーについて掲載されました

教育学術新聞(2014年8月20日(水))にて大学教職員研修センターオープンセミナーについての告知が掲載されました。9月に開催される3つのオープンセミナーの情報が記載されています。

【メディア情報】大学時報にてチェルシーハウスが掲載されました。

平成26年7月20日発行の大学時報にてチェルシーハウスが掲載されました。教育寮「チェルシーハウス」の始まりと未来について取り上げられています。

【メディア情報】朝日新聞にて理事長・山本繁のコメントが掲載されました

弊団体理事長・山本繁のコメントが朝日新聞(2014年7月9日刊)の記事「学びを語る」にて掲載されました。大学生の中退についてコメントしています。

【メディア情報】中日新聞にて理事長・山本繁のコメントが掲載されました。

弊団体理事長・山本繁のコメントが中日新聞(2014年7月1日刊)の記事「いまドキッ!大学生」にて掲載されました。高大連携についてコメントしています。

【メディア情報】教育学術新聞に大学教職員センターオープニングイベントの様子が掲載されました

教育学術新聞〔2014年7/8(水)刊〕に大学教職員研修センターオープニングイベント〔2014年6/21(土)22(日)〕の様子が掲載されました。

【メディア情報】教育学術新聞にて「WEEKDAY CAMPUS VISIT」が紹介されました。

「WEEKDAY CAMPUS VISIT」が教育学術新聞(2014年7月2日刊)にて掲載されました。
6月19日に都立豊島高等学校の高校行事として行なわれた文化学園大学でのWEEKDAY CAMPUS VISITの様子が掲載されています。

【メディア情報】朝日新聞(福岡版)・西日本新聞(福岡版)にて「WEEKDAY CAMPUS VISIT」が紹介されました。

「WEEKDAY CAMPUS VISIT」が朝日新聞(福岡版)〔2014年6月1日刊〕・西日本新聞(福岡版)〔2014年6月1日刊〕にて掲載されました。5月31日に行なわれた九州産業大学でのWEEKDAY CAMPUS VISITの様子が紹介されています。