【イベント情報】株式会社朝日ネット主催manabaセミナーに理事長の山本が登壇します。

株式会社朝日ネット 主催 第16回 manabaセミナーのに弊会理事長の山本が登壇します。

山本は、パネルディスカッション「選ばれる大学、選ばれない大学
~ 改革と経営の間で生き残る大学の姿を追い求めて ~」にて、
京都大学 理事補・高等教育研究開発推進センター センター長・教授 飯吉 透 氏、
桜美林大学大学院・大学アドミニストレーション研究科長・教授
ミネソタ州立大学特別功労教授 諸星 裕 氏の
お二方と登壇させていただきます。

以下、イベントのご案内です。ぜひご参加ください。

◇◆◇◆ 第16回 manaba セミナーのご案内(参加費無料)◇◆◇◆
—————————————————————————
【概要】

 日時:2015年7月3日(金) 13:00~19:00(受付開始 12:30)
    ※プレセッションへお越しの方は11:00より受付を開始いたします。
 会場:経団連会館カンファレンス 国際会議場 他

  ↓↓詳細・申込みはこちら↓↓
 http://manaba.jp/event/20150703/index.html
—————————————————————————

▼11:30~12:20
・プレセッション 株式会社朝日ネット
     『利用統計からみえるLMS・ポートフォリオのトレンド』

▼13:00~14:30
 ・基調講演 桜美林大学大学院 諸星 裕 氏
   『我が国の大学の致命的欠陥』

▼14:40~15:30
 ・セッション1 関西福祉科学大学
   『manaba を活用した全学的な出席管理の取り組み
    ~ 出席確認からアクティブラーニングさらに修学指導まで ~』
 ・セッション2 青山学院大学
   『デジタル教材活用実験 ~電子教科書、e-learningによる学習支援について~』
 ・セッション3 株式会社KEIアドバンス・株式会社リアセック
   『IRによる教育改革と連動するジェネリックスキルの「評価」
    ~ データの共有化からはじまる教育改革の進め方 ~』

▼15:40~16:30
 ・セッション4 小樽商科大学
   『大人数クラスにおけるアプリ(respon)を利用した
    コミュニケーションラーニングの実践』
 ・セッション5 埼玉大学
   『グローバル人材育成に向けた個別指導とAcademic Writing:
    埼玉大学教養学部における manaba 利用の事例』
 ・セッション6 株式会社KEIアドバンス
   『入試動向から見る学修支援の重要性』

▼16:40~18:00
 ・パネルディスカッション
   『選ばれる大学、選ばれない大学
    ~ 改革と経営の間で生き残る大学の姿を追い求めて ~』

  オーガナイザー:京都大学 飯吉 透 氏
  パネリスト:桜美林大学大学院 諸星 裕 氏
        NPO法人NEWVERY 山本 繁 氏


▼18:00~19:00
  懇親会(参加費無料)

同会館5階では、manaba 関連サービスとして教育講座・教育教材、
新機能の授業評価アンケートシステムをご紹介するブースと
ミニセミナーもご用意致しております。


皆様のお申込みを心よりお待ち申し上げます。

 ↓↓詳細・申込みはこちら↓↓

http://manaba.jp/event/20150703/index.html

【メディア情報】教育学術新聞に代表山本繁のコメントが掲載されました。

弊会代表山本繁のコメントが教育学術新聞(2015年5月27日発行)にて掲載されました。「機能する”担任制”とは」という記事で、担任制が中退対策にも機能すると認め、ポイントを述べています。

【メディア情報】教育学術新聞にて、6月13日14日開催のシンポジウム・分科会「2030年も生き残るための本気の大学改革」のご案内が掲載されました。

教育学術新聞(平成27年5月20日発行)にて、6月13日、14日に開催する分科会・シンポジウム「2030年も生き残るための本気の大学改革」のご案内が掲載されました。
【シンポジウム・分科会】2030年も生き残るための本気の大学改革(6月13日、14日)のご案内はこちら

(以下の画像をクリックすると拡大します)

【メディア情報】教育学術新聞にて、3月21日開催の高校教員向けフォーラムの記事が掲載されました。

教育学術新聞(平成27年5月13日)にて、弊団体が主催した高校教員向けフォーラム「大学入試改革の先にあるもの〜高校教育の本質を考える」について掲載されました。

【お知らせ】2015年5月16日より事務所を移転致します

時下ますますご清栄の御事とお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
弊会は このたび下記の通り移転し 来る5月16日(土)より新事務所において営業を開始する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
何卒今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
平成27年5月吉日

新住所:
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-13-6 五反田山崎ビル5階
NPO法人NEWVERY 日本中退予防研究所

【メディア情報】教育家庭新聞にて、3月21日高校教員向けフォーラムの報告記事が掲載されました。

教育家庭新聞(平成27年4月6日)にて、弊団体が主催した高校教員向けフォーラム「大学入試改革の先にあるもの〜高校教育の本質を考える」について掲載されました。

【メディア情報】「学研・進学情報」にて、所長・山本繁のコメントが掲載されました。

「学研・進学情報」(2015年3月号)の特集記事「大学中退問題の原因と対策 原因はミスマッチ、平日の大学訪問という試みも」のなかで、日本中退予防研究所所長の山本繁のコメントが掲載されました。大学中退問題の現状の分析とアドバイスを行っています。また、11月に開催した駒沢女子大学でのWEEKDAY CAMPUS VISITについても、取材内容が掲載されています。


【メディア情報】教育学術新聞にて弊団体の「中退予防研究所」が主催する私立大学マネジメントセミナーの概要が掲載されました。

教育学術新聞(10月01日刊)にて、弊団体の「中退予防研究所」が主催する「平成26年度私立大学マネジメントセミナー〜これからの広報・教育(中退)IRを考える〜」が掲載されました。詳細はこちら http://www.nv-professional.jp/201410sem/

また、このテーマについて弊団体理事長山本繁のコメントも掲載されています。

http://www.stoptheneet.jp/home/3644.html

【メディア情報】教育学術新聞にて理事長・山本繁のコメントが掲載されました。

弊団体理事長、山本繁のコメントが教育学術新聞(2014年10月01日刊)の記事にて掲載されました。「大学の中退・休学 経済的理由が主要因」についてコメントしています。また関連して弊団体「中退予防研究所」が主催する私立大学マネジメントセミナーの概要も掲載されました。

http://www.stoptheneet.jp/home/3624.html

【メディア情報】毎日新聞にて理事長・山本繁のコメントが掲載されました

弊団体理事長・山本繁のコメントが毎日新聞(2014年9月26日刊)の記事にて掲載されました。大学生中退の複合的要因ついてコメントしています。