【DYM就職】就職成功率96%の特徴や評判!既卒やフリーターに強い!

DYM就職

DYM就職はフリーターやニートなどにも求人の提案をしています。そのため学歴にコンプレックスがある人でも利用できます。就職成功率が高いため、本気で就職したいという気持ちがある人は正社員として働くという目標を叶えられる可能性が高いです。
以下にDYM就職の情報をまとめました。

特徴 書類選考がない。研修が充実している企業を多数抱えている。キャリアアドバイザーが就職活動をサポートする。IT系の求人が多い
求人数 約2000件
対象者 第二新卒者、既卒者、フリーター、ニートなど
対応地域 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡、広島
就職成功率 96%
求人の量や質 求人数は多くない。ただし独自のコネクションがあり企業の人事担当者と直接求人の内容についての意見交換ができるため、質の悪い求人を提案される可能性は低い
求人提案の流れ Webで会員登録をするとキャリアアドバイザーから電話で連絡がくる。その後対面でカウンセリングを行い、求人の提案をされる。応募する企業を選んだら面接対策をして面接に臨む
サポート体制 キャリアアドバイザーが入社まで丁寧にサポートしてくれる。また入社後に相談することも可能。

DYM就職は大学中退者や高卒者が応募できる求人も多数保有しています。Webではすべての求人を確認できませんが、DYM就職に登録をしてカウンセリングを受ければ公開求人と非公開求人の中からその人に合う求人を提案してもらえます。

おすすめしたい人

DYM就職を利用したほうが良いのは次のような人です。

  • 大学中退者、高卒者、既卒者、フリーター、ニートなど
  • 書類選考に通らない人
  • 正社員として働いたことがない人
  • やりたい仕事が見つからない人
  • 20代から30代の人

学歴にコンプレックスを持っている人が応募できる求人を多く抱えているため、大学中退者も正社員として採用してもらえる企業を見つけられるでしょう。
書類選考がないため、履歴書を作成するのが苦手な人も自信を持って就職活動をすることが可能です。

メリット

DYM就職のメリットはやはり書類選考がないという点や幅広い年齢層の人が利用できるという点です。今までなかなか面接に進めなかった人やブランクのある人も、前向きな気持ちで就職活動ができるでしょう。
またサポートの範囲が広いのもDYM就職の優れている点です。

メリット①はじめから面接に臨める

DYM就職を利用すると面接からスタートできます。書類選考のない求人ばかりを扱っているからです。そのためいつも書類選考に通らなかった人も、面接で自分の強みや意気込みなどを自分の言葉でアピールすることが可能です。

また面接からはじめられるため、一般的な就職活動よりも早く内定が決まる可能性があります。内定が決まるまでの平均的な期間は1カ月ほどです。過去には就職活動をはじめてから1週間ほどで内定が決まったケースもあります。そのため早く正社員として働きたい人もDYM就職を利用して良かったと思えるでしょう。

メリット②30代も利用できる

一般的に就職支援エージェントを利用できるのは10代後半から20代です。しかしDYM就職は30代の人も利用できます。そのため大学を中退してからしばらくフリーターとして働いていた人やニートだった人も利用できます。

さらに学歴を問わない求人を多数保有しているため、30代の大学中退者でも正社員として働ける求人を紹介してもらえるでしょう。就職活動の方法がわからなくてもキャリアアドバイザーが就職活動をする際に必要なことを教えてくれるため、安心して就職活動に励めます。

メリット③サポートの範囲が広い

キャリアアドバイザーによるサポートの範囲が広いのもDYM就職のメリットです。以下でサポートの範囲を確認しましょう。

  • 面接対策
  • 書類作成のフォロー
  • 服装のアドバイス
  • 面接の日程調整
  • 入社後のフォロー
  • 退職相談

書類作成の段階から入社後までサポートしてくれるため、本格的に就職活動をしたことがない人やブランクがある人も安心して就職活動ができます。

またこれから転職を考えている人は退職の相談をすることも可能です。どのようにしたらスマートに転職できるかをアドバイスしてくれるため、今働いている職場を円満退職してスッキリした気持ちで新しいスタートを切れるでしょう。

デメリット

一方求人数が少ないというデメリットもあります。提案される求人の数が多い年代もありますが、逆に年齢によっては提案される求人数が少ないと感じることもあるでしょう。
また保有している業種にも偏りがあります。

複数の業種の求人を保有しているものの、多く保有しているのはIT系です。そのため人によっては希望の業種がないと感じる可能性もあります。

以下でこれらのデメリットの詳細を確認しましょう。

デメリット①求人数が少ない

DYM就職が保有している求人数は約2000件です。2000件という求人数は際立って少ないというわけではありません。しかし5000件以上の求人を保有している就職支援エージェントも複数あります。そのためそのようなエージェントと比べるとやはり2000件というのは少ないです。

また最近は大学を卒業した人や正社員経験者でなければ応募できない求人も増えてきています。就職活動をするタイミングによっては大学卒業者や正社員経験者向けの求人が多いことも考えられるため、そのようなタイミングで大学中退者が相談をした場合は提案される求人数が少ないと感じるでしょう。

デメリット②業種に偏りがある

DYM就職は複数の業種の求人を保有していますが、特に多く保有しているのはIT系の求人です。以下で保有している業種の比率を見ていきましょう。

  • IT系…16%
  • システム…14%
  • メーカー14%

その他に人材や販売、飲食などの業種の求人を約4%から5%保有しています。IT系の求人は約16%保有しているため、IT系の仕事を紹介される可能性が高いということがわかるでしょう。そのため例えばアパレルや美容などの仕事に就きたいと考えている人は、働きたいと思える企業を見つけられない可能性があります。

デメリット③求職者向けの研修がない

DYM就職には求職者向けの研修がありません。そのためビジネスマナーなどをしっかり身につけたいと思っている人は不満感を抱く可能性があります。

しかし就職活動に必要なことはキャリアアドバイザーがレクチャーしてくれます。面接日の服装のアドバイスもしてくれるため、自信を持って面接に臨めるでしょう。

また研修制度が充実している企業の求人を多数保有しているため、ビジネスマナーなどは就職をしてから学ぶことも可能です。

良い口コミ

ここからはDYM就職に関する口コミを紹介していきます。まずは良い口コミです。

DYM就職のキャリアアドバイザーは提案力が高いことで一定の評価を得ています。そのため自分の希望に沿った求人を紹介してもらえたという口コミも数多くあります。特に20代の場合は提案される求人数が多いです。

自分向けの複数の求人の中から応募する企業を選べるでしょう。以下に3つの良い口コミの詳細をまとめました。

良い口コミ①希望の求人を紹介してもらえた

DYM就職に関する口コミの中には自分の希望通りの求人を紹介してくれたという口コミが複数あります。キャリアアドバイザーの提案力が高いからでしょう。

DYM就職のキャリアアドバイザーはカウンセリングで得た情報をもとにその人に合った求人を提案します。求人数は多くありませんが年齢や希望の業種、職種によっては豊富な求人を保有していることもあるため、人によっては自分にピッタリ合う求人を紹介してもらえる可能性があります。

良い口コミ②自分の強みを明確にできた

面接の際にどのように自己PRをすれば良いのかわからないという人も少なくありません。これまで本格的に就職活動をしたことがない人の場合は、なぜ自己分析をする必要があるのかわからない人も多いでしょう。

しかし就職活動をする際は必ず自己分析をする必要があります。自分の強みを知れるからです。自分の強みがわかれば面接でその強みをアピールできます。
また将来なりたい人物像を明確にしたり適正検査をしたりすることで自分に向いている仕事が明確になるため、就職活動をするのならば自己分析は欠かせません。

DYM就職ではカウンセリングの際に自己分析をします。そのため自分の強みが明確になる他、、向いている仕事も浮き彫りになるでしょう。キャリアアドバイザーと一緒に自己分析をすることで正しい自己分析ができます。

良い口コミ③豊富な求人から応募する企業を選べた

先の項目でDYM就職は求人数が少ないと述べました。しかし年齢によっては複数の求人を紹介してもらえることもあります。

例えば20代です。20代でも20代後半の人は提案される求人数がグンと減る可能性があります。しかし20代前半から20代半ばの人材を欲しいと考えている企業は多いため、20代前半から20代半ばの求職者の場合は多くの求人を提案してもらえる可能性があります。

特にIT業を希望する場合は豊富な求人の中から応募する企業を選べるでしょう。

悪い口コミ

残念ながら悪い口コミもあります。例えば選べる職種が少ない、年代によっては提案される求人が少ないなどです。

DYM就職は業種と同様に保有している職種にも偏りがあります。そのためDYM就職が多く保有している職種を紹介される可能性が高いということは否めません。また年齢によっては提案される求人が少なかったり応募できる求人がなかったりすることもあるでしょう。

悪い口コミ①希望の職種の求人がなかった

DYM就職が得意としている職種は営業職です。以下でDYM就職が保有している職種の割合を確認しましょう。

  • 営業…34%
  • エンジニア…15%
  • サービス…12%

営業職が多いことがわかるでしょう。そのため例えば人と話すのが苦手な人などは、希望の求人がないと感じる可能性もあります。
しかし数は少ないものの企画や事務などの職種もあるため、営業職以外の職種を希望する場合は事前に希望の職種をキャリアアドバイザーに伝えましょう。

悪い口コミ②年齢のせいか応募できる求人が少なかった

30代でも利用できるのがDYM就職のメリットの1つですが、提案される求人の数は少ないと考えておいたほうが良いです。やはり若い人材を欲しいと考える企業が多いからです。20代前半の人と30代の人とでは提案される求人数が異なります。そのため年齢によっては希望の求人を見つけられない可能性もあります。

ただし資格を持っている人や経験者は30代でも希望の求人に応募できることもあるため、はじめから30代だからと諦めるのではなく、まずはキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

悪い口コミ③地方の求人が少なかったので他の方法で仕事を探した

DYM就職は全国7カ所に事務所があるため多くの若者が利用できます。しかしどちらかと言えば都心部の求人が多いです。そのため働きたいと思っている地域の求人がないこともあるでしょう。

都心部以外の求人を探す場合はDYM就職などの就職支援エージェントと求人サイトを組み合わせるなど、複数の方法を利用して仕事を探したほうが良いです。

また事務所も都心部にあるため、交通の便の悪い地域に住んでいる人はDYM就職を利用しにくいと感じる可能性があります。

まとめ

DYM就職は20代から30代までの求職者が利用できます。高卒者や大学中退者が応募できる求人もあるため、大学中退者も選択肢の1つに入れると良いでしょう。

どのようにして就職活動をすれば良いのかわからない場合でもキャリアアドバイザーが書類作成の方法や面接での受け答えの方法、当日の服装などをレクチャーしてくれるため安心です。これまで就職活動をすることに怖気づいていた人も自信を持てるようになるでしょう。

求人数は多くありませんが20代ならば複数の求人の中から希望に沿う求人を選べる可能性があります。面接からスタートできるため、自分だけで就職活動をするよりもスピーディーに就職活動を終わらせられるでしょう。ただし希望する業種や職種によっては提案される求人が少ない可能性があるということも理解しておきましょう。

現在は対面による面談の他にオンライン面談も行っているため、少しでも気になるようならば会員登録をしてオンライン面談で直接話を聞いてみましょう。無料で利用できるため費用の心配をする必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA