ジェイックの評判やメリットデメリット解説。既卒・中退に強いエージェント

ジェイック

ジェイックは本気で正社員として働きたいと考えている大学中退者向けの就職支援サイトです。

ジェイックの特徴を確認しましょう。

特徴 自分に合った就職講座が受けられる。大学中退者専門の就職講座がある。正社員の求人のみを紹介。就職前後のサポートが充実している。就職成功率と入社後の定着率が高い
求人数 約5,000件(正確な件数は非公開)
対象者 大学中退者、既卒者、第二新卒者、フリーターなど。20代がメイン
対応地域 東京、神奈川、宮城、愛知、大阪、福岡、広島
就職成功率 大学中退者の就職成功率90.7%
求人の量や質 求人数は多く、特に営業職に強い。スーツを着る職種の求人がメイン。ジェイックのスタッフの審査基準をクリアした企業の求人のみを紹介
求人提案の流れ ネットで無料登録をした後に無料説明会に参加し、就職サポートスタッフと個別のカウンセリングを行う。その後就職講座を受講し、すべての講座を受講し終えたら集団面接会に参加する
サポート体制 大学中退者専門の担当スタッフがマンツーマンでサポート。大学中退者はセカンドカレッジという就職講座を受けて面接に臨む。就職後も1年間はサポートを受けることが可能

これまでは対応地域が限られていましたがコロナ禍以降はWeb上で個別相談や就職講座、集団面接会など受けられます。そのため地方に住んでいる人も利用しやすいです。

おすすめしたい人

次のような人はジェイックがおすすめです。

  • 大学中退者
  • 職種が絞れない
  • 本気で就職活動をしたことがない
  • 本気で正社員として働きたい
  • 同じ企業で長く働きたい
  • 就職できる企業を効率的に見つけたい

ジェイックにはセカンドカレッジや就職カレッジ、新卒カレッジなどのいくつかの就職講座が用意されています。

セカンドカレッジは大学中退者向けのため、大学中退者も安心して就職活動ができます。紹介される求人はすべて正社員の求人のため、本気で正社員として働きたいと思っている大学中退者におすすめです。

またジェイックが抱えている求人はすべてジェイックの審査基準をクリアした企業の求人のみです。企業の指導方法や福利厚生、社風などをチェックして安心して働ける企業か否かを判断しています。

ブラック企業を排除しているため、同じ企業で長く働きたい人も希望を叶えられるでしょう。

メリット

ジェイックの特筆すべき点は就職前後の充実したサポートです。就職前のみならず就職後もサポートしてくれるため多くの人が同じ企業で働き続けています。

また集団面接会に参加できたり書類選考なしで面接を受けられたりするため、効率的に就職先を見つけられます。

ジェイックのメリットの詳細を確認しましょう。

メリット①就職前後のサポートが充実している

ジェイックでは求人を紹介してもらう前にその人に合った就職講座を受けます。用意されている主な講座を以下にまとめました。

  • 就職カレッジ
  • 新卒カレッジ
  • セカンドカレッジ
  • 女性カレッジ

大学中退者は大学中退者専門のセカンドカレッジを受講します。講座では以下のようなことを学びます。

  • 履歴書の書き方
  • 面接の受け方
  • ビジネスマナー
  • 社会人としての考え方、ルール
  • グループディスカッションなど

大学中退者が不安に感じる点をカバーできる内容になっているため、自信をもって面接に臨めるでしょう。

さらに就職後のアフターフォローも充実しています。就職後1年間は定期的に相談に乗ってもらえます。もし自分が思っていたような企業でなかった場合は、担当者から企業側に改善点を伝えてもらうことも可能です。

メリット②集団面接会があるから効率的に就職活動ができる

ジェイックの就職講座を修了すると集団面接会に参加できます。集団面接会に参加する企業は約20社です。1社1社と面接する必要がないため効率的に就職活動ができます。
集団面接会の概要を以下で見ていきましょう。

  • 1社あたり約12分間の面接を受ける
  • 企業に気に入られれば個別面談に進む
  • 早ければ2週間ほどで内定の通知が届く

1人あたりの平均面接数は11社です。11社の面接を受けた場合の平均内定数は約1.9のため、11社の面接を受けると1社から2社の企業から内定をもらえる可能性があります。人によっては平均以上の内定をもらえることもあるでしょう。

これまでは2日間にわたって対面の集団面接会を開催していましたが、2020年4月以降は対面での集団面接会ではなくオンラインで集団面接会を開催しています。オンラインになっても1度に多くの企業と面接ができるという点は変わりません。

しかしコロナ禍の影響もあり、面接会に参加する企業の職種や企業数は変わっている可能性があるということを把握しておいたほうが良いです。

メリット③書類選考がない

ジェイックで求人を紹介してもらうと書類選考なしで面接に進めます。ジェイックには就職講座があり正社員として働く上で大切なことを取得した人でないと面接を受けられないようになっていることも、書類選考が省かれている理由の一つです。

一般的に就職活動をする際は履歴書や職務経歴書、ポートフォリオなどの書類の提出を求められます。大学中退者はこの書類選考の段階で落とされることが少なくありません。多くの企業は大学中退者にネガティブな印象を持つからです。大学中退の理由を上手く伝えられないことが原因でネガティブな印象を持たれることもあります。

しかしジェイックの集団面接会に参加する場合は書類選考がないため、直接企業の人に合って自分の強みをアピールできます。また大学中退者専用の集団面接会もあります。そのため大学を中退していても事前に面接対策をしておけば正社員として採用される可能性が高いのです。

デメリット

ジェイックでは数多くの求人を扱っていますが、すべての職種の求人を揃えているわけではありません。得意としている職種の求人が多いため、希望の職種を見つけられるとは限らないということを覚えておく必要があります。

また充実した就職講座を受けられるのがジェイックのメリットですが、人によっては指導が厳しく感じる可能性もあります。

メリットのみならずこのようなデメリットもあるということを知っておくことが大切です。

デメリット①希望の職種の求人があるとは限らない

ジェイックが得意としている求人の職種は営業職です。以下でジェイックが扱っている求人の職種の割合を見ていきましょう。

  • 営業…約6割
  • エンジニア、事務など…約4割

ジェイックでは営業職の求人を紹介される可能性が高いということがわかるでしょう。しかし事務系やIT系の求人もあるため、パソコンを扱うのが得意な人は働きたいと思える企業に出会える可能性もあります。

デメリット②就職講座が厳しいと感じる可能性もある

ジェイックにはいくつかの就職講座があります。細かい講座内容は各講座によって異なる部分もありますが、基本の内容は同じです。

講座の前半では名刺交換や電話応対の仕方などを学び、後半では講師を相手に対応方法などを学びます。これは新入社員研修で行われる内容とほぼ同じです。そのためほとんどの新入社員はこのような研修を受けています。

しかし大学を中退してからブランクがある人は指導が厳しく感じるかもしれません。座学の授業では理解していたつもりでも、実際に行動に移すと想定通りに物事が進まないこともあります。そのため稀ではありますが途中でリタイアする人もいます。

デメリット③電話連絡を面倒に感じる可能性がある

ジェイックでは個人個人に担当者がつき、就職前や就職後に担当スタッフと何度もやりとりをします。そのためこれまで就職活動をしたことがない人にとっては心強いと感じるでしょう。

しかし何度も連絡をしたり連絡がきたりするため、人によってはやりとりをするのが面倒に感じる可能性もあります。特に就職講座を受けている期間中は連絡をする回数が多いです。また就職後も定期的に連絡がきます。

サポートが手厚いと感じる人がほとんどですが、頻繁にやりとりをするのが苦手な人はしつこいと感じる可能性があります。

良い口コミ

ジェイックには多くの喜びの声が寄せられています。2万人以上の支援実績があるため、口コミの数も多いのです。特に就職講座や集団面接についての感想を述べている人が多いです。
数多くの良い口コミの中から3つの口コミを以下で紹介します。

良い口コミ①地方から講座に参加したが余計なお金がかからなかった

ジェイックの就職講座は無料で受講できます。しかし当然のことながら交通費や昼食代などは自分で支払わなければなりません。講座の受講期間は1週間ほどのため、1週間分の交通費や昼食代が必要になります。

ただし地方から上京して就職活動をする場合は、ジェイックが交通費や宿泊代を支払ってくれることもあります。そのため地方に住んでいる人も費用の心配をせずに就職活動ができるのです。

良い口コミ②講座の内容が濃いので実践で役立った

口コミには就職講座が実践で役立ったという声が多いです。就職講座の内容が充実しているからでしょう。

就職講座で学ぶのは履歴書の書き方や面接での対応の仕方だけではありません。名刺の渡し方やお客様への対応の仕方なども学びます。また社会人としての心構えやビジネスマナー、コミュニケーションの取り方なども学べます。

正社員として働いたときに即戦力として活躍できるような講座内容になっているため、講座を受けて良かったと実感する人が多いのでしょう。

良い口コミ③複数の企業と面接ができるので効率的に就職先を決められた

集団面接で約20社の優良企業と面接できるのもジェイックの強みです。

面接会に参加しているのは採用担当者のため、早ければ2週間以内に内定をもらえることもあります。そのため効率的に就職先を探して早く正社員として働きたい人は、集団面接会というシステムに満足できる可能性が高いです。

悪い口コミ

ジェイックはこれまで支援した人の数が多いため、良い口コミもあれば悪い口コミもあります。ジェイックを利用するべきか否かで迷っている人は、悪い口コミも確認してから利用するか否かを判断しましょう。

悪い口コミ①知名度の低い企業に就職することになった

大学中退者に紹介されることが多いのはサービス業や不動産業、商社などの業種です。どの企業もジェイックの審査基準をクリアした優良企業です。

しかし優良企業でも誰もが知る有名な企業を紹介してもらえる可能性は低いです。大手企業は大学を卒業した人を採用することがほとんどだからです。

そのため大手企業に就職したいと考えている人は、希望を叶えられない可能性があります。

悪い口コミ②採用されるまでに時間がかかった

ジェイックの集団面接会に参加するのは採用の決定権がある人のため、早ければ2週間ほどで採用の通知が届くこともあります。

しかし内定を出すタイミングは企業によって違います。

また集団面接会までには説明会や個別相談会、就職講座などを受けなければなりません。そのため人によっては就職活動をはじめてから採用されるまでの期間が長く感じる可能性もあります。

悪い口コミ③講座を受ける期間が長い

講座期間が長い、講座内容が厳しいという口コミも一定数見受けられます。就職講座の期間は選ぶ講座によって異なりますが大体1週間ほどです。1日から2日で講座が終了すると考えていた人は長く感じるでしょう。

また以前は講座内容に飛び込み営業が含まれていました。そのためその時代に講座を受けた人の中には講座内容が厳しいと感じた人が多くいたのも事実です。しかし現在は飛び込み営業が廃止されています。

まとめ

ジェイックにはセカンドカレッジという大学中退者専用の就職講座があります。講座では座学と実践で正社員として働くために必要な一通りのことを学べます。そのため大学中退者はジェイックの利用を前向きに検討すると良いでしょう。

紹介してもらえる職種は営業が大半を占めますが、通信業界で働くのに有利な資格を持っている場合などは事務職やエンジニアなどの営業職以外の求人を紹介してもらえる可能性があります。

大学中退者の就職率は90.7%と高いためジェイックで就職活動をすれば就職できる可能性が高いです。就職してからも1年間は担当者がサポートしてくれるため、大学を中退してからのブランク期間が長い人も安心して働くことができるでしょう。

2020年4月以降はパソコンから説明会や相談会に参加できるため、ジェイックが気になった場合はまず無料登録をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA