ハタラクティブは大学中退のフリーターでもOK!未経験者の正社員採用率が高い

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代の正社員経験がない求職者に特化した就職支援サイトです。

大学中退者のみならず既卒やフリーター、ニートの人も就職支援の対象です。

以下でハタラクティブの特徴や詳細情報を見ていきましょう。

特徴 20代に特化している。正社員やアルバイトの経験がない人を対象とした求人が豊富。支援実績が多い。サポートが手厚い
求人数 常時2300件以上
対象者 20代の大学中退者、既卒者、フリーター、ニート
対応地域 東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉、愛知、福岡、兵庫
就職成功率 80.4%。書類通過率91.4%
求人の量や質 求人数は豊富で職種の幅が広い。ただし専門性の高い求人は少ない
求人提案の流れ 登録フォームから登録した後、面談日を決める。予約をした面談日に希望の面談方法で面談をする。(対面と電話、オンライン面談がある)就職アドバイザーと1時間ほどの面談をした後、アドバイザーが希望に沿う求人を提案
サポート体制 就職アドバイザーがマンツーマンでサポート。履歴書や職務経歴書、大学中退の理由の書き方の指導、面接対策などのサポートを受けられる

ハタラクティブが提案するのはスタッフが実際に訪問した職場です。そのため求人の質に不安感を抱く人も一定の安心感を持って利用できるでしょう。
提案してもらえる職種は多岐にわたります。就職アドバイザーがマンツーマンで希望を聞いてくれるため、希望に合った職種を提案してもらえる可能性が高いです。60000人以上の支援実績があり就職率も80.4%と高いため、大学中退だけれど正社員として働きたいという人も希望が持てます。

おすすめしたい人

ハタラクティブは20代の求職者におすすめですが、その中でも特に以下のような人におすすめです。

  • 今まで働いた経験が少ない、もしくは働いた経験がない
  • 大学を中退している
  • 自分に自信がない
  • どのように就職活動をしたら良いかわからない
  • どのような職種が向いているのかわからない
  • やりたいことが見つからない

ハタラクティブは未経験者向けの求人を専門に扱っている他、自分専用の就職アドバイザーがつくため、就職活動をした経験がない人でも安心して就職活動ができるでしょう。

またハタラクティブは大学中退者にもおすすめです。一般的に大学中退という事実は就職活動をする上でデメリットになります。

企業側はこの人を雇ったとしてもすぐに辞めてしまうのではないかと考えるからです。

しかしハタラクティブにははじめから大学中退者を対象にした求人が用意されているため、大学中退が原因で採用を断られることはありません。

メリット

ハタラクティブは今まで正社員として働いた経験がない人や、ブランク期間が長い求職者の満足度が高いです。

そのため大学中退者やフリーター、ニートにおすすめできます。

これから紹介するハタラクティブのメリットを見れば、大学中退者やニートにハタラクティブが向いている理由がわかるでしょう。

メリット①サポートが手厚い

ハタラクティブの最大の特徴はサポートの手厚さです。以下でそのサポート内容を見ていきましょう。

  • 1人につき1人の就職アドバイザーがつく
  • 希望に合った求人を複数社提案してもらえる
  • 不安点を相談できる
  • 履歴書や職務経歴書、大学中退の理由の書き方を添削してもらえる
  • 面接対策ができる
  • 面接の前と後にフォローしてもらえる

就職アドバイザーに自分の希望を伝えれば、その希望に合った求人を複数社提案してもらえます。

もしどのような仕事が自分に向いているのかわからない場合でも就職アドバイザーがカウンセリングをしながらその人に向いていそうな求人を提案してくれるため安心です。

また履歴書や大学中退の理由の書き方を就職アドバイザーに添削してもらえる他、面接対策も行えます。そのため大学を中退したことが原因で積極的に就職活動ができなかった人も前にすすめるでしょう。

もし面接で自分を上手くアピールできなかった場合でも就職アドバイザーが企業側に面接者のアピールポイントを伝えてくれるため、面接に慣れていない人も安心感を持って面接に臨めます。

メリット②未経験者の正社員採用率が高い

これまで未経験者は正社員として採用されにくい傾向にありました。即戦力になる人材が欲しいと考える企業が多かったからです。しかしあらゆる職種で人手不足なことから、最近は大学中退や高校中退の未経験者も積極的に採用したいという企業が増えています。

そのような背景もあり、ハタラクティブには未経験者の求人が豊富です。大学中退者歓迎の企業も多いです。そのためそのような企業を紹介してもらえば正社員として採用してもらえる確率がグンと高まります。

履歴書の書き方に自信がない場合でも就職アドバイザーが教えてくれるため安心です。書類通過率91.4%という数字を見ても、履歴書の書き方でつまずく可能性は低いということがわかるでしょう。

また、事前にしっかりと面接対策をしてから面接に臨めます。そのため正社員として採用される確率が80.4%と高いのです。

メリット③職種が豊富だからやりたい仕事に出会える可能性が高い

ハタラクティブには常時2300件以上の求人があります。しかも職種の幅も広いです。以下でこれまで採用された職種を見ていきましょう。

  • IT業
  • 不動産業
  • 警備サービス業
  • 建設業
  • 製造業
  • エステ業
  • 広告業など

上記の職種の中でも特にIT業に強い傾向がありますが、エステ業や不動産業などの幅広い職種の求人も扱っています。豊富な職種の中から就職アドバイザーがカウンセリングをした上でその人に合いそうな職種を提案してくれます。

どのような仕事が自分に向いているのかわからないという人も、向いている仕事に出会える可能性が高いです。

デメリット

メリットがある一方でデメリットもあります。

ハタラクティブは無料で利用できるためハタラクティブを利用してからデメリットを実感したからと言ってお金が無駄になることはありません。

しかし効率的に仕事を見つけるためにはあらかじめデメリットを把握し、自分に合っている就職支援サイトか否かを判断したほうが良いです。

以下でハタラクティブの3つのデメリットを確認しましょう。

デメリット①専門性の高い仕事の求人は少ない

ハタラクティブが抱えている求人の職種の幅は広いですが、専門性の高い職種はそれほど多くありません。例えば若者に人気のシステムエンジニアや管理の求人は紹介してもらえる可能性が低いと考えておいたほうが良いです。

一般的に大卒者の就職先は流通業や製造業が多いですが、高卒者の就職先で多いのは製造業や建設業です。そのためハタラクティブの求人も高卒者が就職先として選ぶことの多い職種が大半を占めると考えておきましょう。

そもそも最終学歴が高卒の場合、専門性の高い仕事や高収入の求人はあまりありません。そのため専門性の高い仕事が少ないというデメリットはハタラクティブだけに限ったことではないのです。

デメリット②対面でカウンセリングを受けられる地域が限られている

ハタラクティブには11の支店があります。以下に全支店をまとめました。

  • 渋谷支店
  • 立川支店
  • 池袋支店
  • 秋葉原支店
  • 大阪支店
  • 横浜支店
  • 埼玉支店
  • 名古屋支店
  • 福岡支店
  • 千葉支店
  • 神戸支店

上記の支店は駅が近く通いやすい場所にあります。支店では対面でカウンセリングをしてもらうことが可能です。都会に住んでいる場合は利用しやすいですが、交通の便が悪い地域に住んでいる場合は利用しにくいでしょう。

ただしハタラクティブではオンライン面談や電話面談も利用できます。オンライン面談や電話面談でもカウンセリングの内容や支援の内容は変わらないため、支店に行けない場合はネットや電話を利用すると良いでしょう。

デメリット③人によっては指導が厳しく感じる可能性もある

ハタラクティブで際立つのはサポートの手厚さです。書類の書き方や面接での対応の仕方だけでなく、社会人としてのマナーや仕事への向き合い方などもレクチャーしてくれます。

これまでマナーや仕事への向き合い方について真剣に考えていなかった人にとっては、指導が厳しく感じることもあるかもしれません。

しかし教わったことは社会に出たときに役立ちます。

本気で正社員として就職したいと考えているのならば、ハタラクティブで教えてもらう内容に限らず誰からでも教えてもらったことは素直な気持ちで聞いたほうが良いです。

良い口コミ

ハタラクティブの利用者は高卒者や第二新卒者が多いです。利用者の数が多いことから口コミの数も豊富です。

そのため実際に利用した人たちの感想を見て自分に向いているか否かを判断しましょう。大学中退者の口コミもあるため、大学中退だけれど本気で就職したいと考えている人にとっても役立つでしょう。

良い口コミ①大学中退だけれど希望の職種に就職できた

高卒や大学中退でも就職できたという口コミが多い傾向にあります。高卒や大学中退の人を対象とした求人が豊富な上に、採用されるように就職アドバイザーがサポートしてくれるからでしょう。
また求人を出している企業の多くは経験ではなくその人のポテンシャルを重視しています。そのため未経験者の大学中退者も採用されやすいのです。

良い口コミ②面接対策があったから緊張せずに面接に臨めた

ハタラクティブでははじめに個室でカウンセリングを行い、そのカウンセリング結果をもとにその人に合った面接での話し方を指導してくれます。

自分の強みや大学を中退した理由の伝え方、面接で聞かれやすい質問などを交えながら面接対策ができるため本番で極度に緊張するのを防げるのでしょう。

良い口コミ③面談方法が選べて便利だった

ハタラクティブの面談方法は3種類あります。対面とオンライン、電話の3種類です。そのため遠方に住んでいる人も利用しやすいです。

また今は対面を避けたほうが良い時代のため、オンライン面談や電話面談ができるのはより便利だと感じるでしょう。

悪い口コミ

ハタラクティブは良い口コミが目立ちますが悪い口コミもあります。

人によっては希望通りの仕事や条件の良い仕事が見つからないと感じることもあるようです。以下で悪い口コミを確認してみましょう。

悪い口コミ①希望が反映されない

どのような希望を持っているかによってハタラクティブを利用した後の感想は変わります。ハタラクティブには幅広い職種の求人がありますが、専門性の高い仕事の求人を紹介してもらえる可能性は低いです。そのため専門性の高い仕事を探している人は満足できないかもしれません。また高望みをしている場合も希望の仕事が見つからないと感じるでしょう。

悪い口コミ②賃金の良い求人が少ない

賃金を高く設定している場合は、賃金の良い仕事を紹介してもらえないと感じるでしょう。しかしそもそも高卒と大卒では約110万円の年収差があると言われています。まずはその点を理解しなければなりません。

また未経験者を対象とした求人のため、はじめから高い賃金は望めません。しかしはじめは賃金が安いと感じても、就職後にスキルアップすることで賃金を増やせる可能性はあります。

悪い口コミ③就職アドバイザーが若い

就職アドバイザーが若いため、緊張したり不安感を抱いたりしたという感想も寄せられています。確かにハタラクティブのスタッフは求職者同様20代がほとんどです。

しかしこれまで培ったノウハウをもとに対応してくれます。さらに個室で面談するため、極度に緊張することは少ないでしょう。もしどうしても緊張する場合は電話面談やオンライン面談を選ぶこともできます。

まとめ

ハタラクティブは未経験者の求人が大半を占める他、就職アドバイザーによるサポートが受けられるためこれまで働いた経験のない20代の若者に向いています。

特にサポートが手厚く、履歴書の書き方や大学中退の理由の書き方、面接での話し方などを細かくレクチャーしてくれます。そのため大学中退者も正社員として採用される確率が高いのです。

ただし高望みをし過ぎると就職先が決まらない可能性があります。大学中退の場合は報酬の条件を高卒の一般的な賃金と賞与の金額に設定することが大切です。常時2300件以上の求人があるため、職種にこだわりを持ち過ぎたり高望みし過ぎたりしなければ正社員として採用してくれる企業と出会えるでしょう。

ハタラクティブのカウンセリングは無料です。オンライン面談もできるため、自分に向いているかもしれないと思ったら気軽にカウンセリングを受けてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA